ニュース ニュース

2018-05-02 07:00:00.0 Products

「FVI16」が車載、産業、コンシューマ向けパワーマネージメントICのat-power試験を実現

株式会社アドバンテスト(本社:東京都千代田区 社長:吉田 芳明)は、「V93000」プラットフォームの機能を拡張するフローティングVI(電圧/電流)ソース「FVI16」モジュールを発表しました。このモジュールは250Wの高パルス電力と40Wの直流電力を発生させることができ、車載、産業機器、コンシューマ向けなど様々なパワーマネージメントICを実際の電圧/電流条件 (at-power)で試験できます。
この強化されたモジュールにより、「V93000」は業界一のVI性能を備えることになり、エアバッグやABS(anti-lock braking system)コントローラ、USB Type-C電力供給IC、コードレス機器用ICなど新しい市場への拡販が見込めます。

モジュールの大きな特長は、デジタル・フィードバック・ループ・デザインを採用したことです。他社の伝統的なアナログ・フィードバックと比べて最高の出力・測定精度、アナログ/パワー性能を達成しています。デジタル・フィードバック技術により、波形スパイクの低減、信頼性のある正確な測定など他社にはない機能を実現しています。さらに、スルー・レートや帯域設定をユーザが制御できるため、それぞれの使用条件にすばやく対応できます。
「FVI16」は業界最高のチャンネル密度により、「V93000」のA-Classテストヘッドに収まり、テスト・コスト低減を実現します。4象限の動作が可能な独立した16チャンネルは、複数のチャンネルをまとめることで、高電流試験用には155Aまで出力・測定することができ、高電圧試験用には±180Vを出力・測定することができます。
さらに特許取得済みの高速電流クランプ技術により、測定中のIC回路がショートした場合でもロードボートやプローブカード、ICソケットへのダメージを防ぎます。

「FVI16」はすでにヨーロッパや日本の複数のお客様に納入済みです。

本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過またはさまざまな事象により予告無く変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。