ニュース ニュース

2018-10-03 05:30:00.0 Products

株式会社アドバンテスト(本社:東京都千代田区 社長:吉田芳明)は、この度、累計3,000台目となるテスト・システム「V93000 Smart Scale」を、米国Advanced Micro Devices社(以下AMD社)に設置しました。当社の長年の顧客であるAMD社では、3,000台目の当システムをAMD  Ryzen™、AMD Radeon™、AMD EPYC™などの各種CPU、GPU、データセンタ向け製品の評価に活用します。

AMD社Procurement and SourcingのSenior directorであるCorbett Zabierek氏は、「アドバンテストとの長年にわたるコラボレーションにより、当社は先端的なソリューションを世に送り出しています。3,000台という節目は、両社の関係にとても相応しいものです。当社では数百台の「V93000」を、次世代技術の評価や、業界最先端回路技術の量産コストの改善に役立てています。」と述べています。

「V93000 Smart Scale」は、高性能と低テスト・コストを兼ね備えたテスト・システムであり、最先端のCPU、GPU、AIデバイスのテスト・ソリューションとして業界をリードしています。「V93000」プラットフォームは約20年前にリリースして以来、デジタル・デバイス市場でシェアを拡大し、車載デバイス、アナログおよびミクスドシグナル・デバイスのトップ企業にも採用されています。

テスト効率と費用対効果に優れた「V93000 Smart Scale」は、クラウドサーバーや高解像度ゲームグラフィックスなど、アプリケーション向け最新デバイスの速やかな市場投入を可能にします。機能拡張性に優れたプラットフォームにより、7ナノメートル・ノードのデバイスや、データレート32 Gbpsないしそれ以上のデバイスにも対応できます。また、デジタル・カードを高電流電源と一緒に使用することで、高電流コアおよびマルチパワー・ドメインのデバイスにクラス最高の負荷ステップ応答性能を提供できます。

本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過、または、さまざまな事象により予告無く変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。