環境会計

img_sustainability_logo

国内

集計対象:国内7拠点(関係会社含む) 集計期間:2019年4月~2020年3月

単位:千円

コスト分類 主な取組内容 環境設備投資額 費用額
2018年度 2019年度 2018年度 2019年度
環境保全コスト 1) 事業エリア内コスト
(1) 公害防止コスト 公害防止設備の導入・修繕、環境測定・保守点検 0 0 28,449 25,730
(2) 地球環境保全コスト 省エネ機器・設備の導入 18,961 268,200 14,606 36,200
(3) 資源循環コスト 廃棄物処理・リサイクル、用水設備工事 443 0 24,752 19,927
2) 上・下流コスト グリーン調達・購入、リサイクル梱包材の導入・開発 0 0 0 0
3) 管理活動コスト 環境マネジメントシステム運用、ビオトープ運用、環境情報公開 0 0 71,518 67,484
4) 研究開発コスト 環境配慮型製品・生産技術の研究開発 0 0 2,630 3,055
5) 社会活動コスト 周辺地域の緑化活動 0 0 2,424 2,476
6) 環境損傷コスト 環境修復、環境保全に関する罰金・訴訟 0 0 0 0
合計 19,404 268,200 144,379 154,871
効果区分 主な取組内容 2018年度 2019年度
環境保全効果 1) 経済的効果 効果額
(1) エネルギー使用料金削減効果 省エネ設備・機器、省エネ施策の導入によるエネルギー使用料金削減 1,544 12,749
(2) リサイクルによる売却益 有価物(金属くず等)売却益 11,417 10,321
(3) 廃棄物削減による処理費用削減効果 排水処理設備による廃液処理費削減効果 他 4,189 4,328
(4) 雑誌等掲載による宣伝効果 新聞記事掲載 271 120
合計 17,421 27,518
2) 物量効果 削減量・有効利用量
(1) 電力使用量削減効果 省エネ機器・設備の導入および運転調整による電力使用量削減 設備:93 (MWh) 設備: 768 (MWh)
(2) エネルギー使用量削減効果 省エネ機器・設備の導入および運転調整によるエネルギー使用量削減 設備: 335 (GJ) 設備: 2,765 (GJ)
(3) CO2 排出量削減効果 省エネ機器・設備の導入および運転調整によるCO2 排出量削減 設備:44 (t-CO2) 設備: 349 (t-CO2)
(4) 資源有効利用量 金属くず・OA用紙・廃プラスチック等のリサイクル量 263 (t) 628 (t)
(5) 廃棄物有効利用率 事業所廃棄物総排出量に対するリサイクル率 89 (%) 87 (%)

海外

集計対象:海外関係会社9社 集計期間:2019年4月~2020年3月

単位:千円

コスト分類 主な取組内容 費用
2019年度
環境保全コスト 地球環境保全コスト 省エネ機器・設備の導入、設備の改善など 42,063
資源循環コスト 廃棄物の処理費用など 11,087
管理活動コスト 環境マネジメントシステムの運用、環境関連セミナー費用など 3,823
社会活動コスト 周辺地域の美化活動、社会団体への寄付など 4,210
合計 61,183
効果区分 主な取組内容 2019年度
環境保全効果 1) 経済的効果 効果額
(1) 電力使用料金削減効果 省エネ機器・設備の導入による電力使用料金削減 30,908
(2) リサイクルによる売却益 有価物売却益 0
2)物量効果 削減量
(1) 電力使用量削減効果 省エネ機器・設備の導入による電力使用量削減 2,061 (MWh)
(2) CO2 排出量削減効果 省エネ機器・設備の導入によるCO2 排出量削減 773 (t-CO2)