グリーン製品

img_sustainability_logo

基本的な考え方

社会の持続可能な発展への貢献、地球環境に配慮した事業活動の展開は、今日の会社経営においては必須の事項となっています。アドバンテストグループでは高精度・高品質を第一に、環境保全という視点で製品開発に取り組み、「省エネルギー・省資源対策」「リサイクル性の向上」「有害物質の排除」の3つのポイントで環境に配慮した製品をグリーン製品と認定しています。グリーン製品においては環境負荷の低減と同時に経済的な価値の向上も見られるため、当社グループではグリーン製品の提供が社会的要求に応え、お客様のメリットにもなるとの考えに基づき、取り組みを推進しています。

サスティナビリティ目標「製品およびサービス」へのアプローチ

担当部署 設計業務部/事業推進統括部
KPI グリーン製品自主基準クリア製品割合
2020年度目標 100%
2019年度実績 100%
重要な理由 アドバンテストの製品は、その利用を通じて大小さまざまな環境負荷が発生しています。環境負荷を低減させるグリーン製品は、地球環境課題への対応だけでなく、当社製品の品質の高さを伝えるという側面からも重要だと考えています。
バウンダリー 2019年度は国内のアドバンテスト単体、2020年度はアドバンテストグループ全体
関連する方針 アドバンテストグループ環境方針
関連するコミットメント ISO14021に準拠したグリーン製品自主基準
責任部署・部門 環境経営責任者
経営資源  
関連する苦情処理制度  
評価

グリーン製品提供までの流れ

アドバンテストグループでは、全ての製品に対して製品環境アセスメントを実施しています。

製品環境アセスメントでは、省エネ・省部材・小型化、リサイクル設計、有害物質の排除などの項目について審査しています。
新製品の場合は、製品環境アセスメントに加えて、アドバンテストで定めた「グリーン製品自主基準」をクリアした製品に、グリーン製品認定品として「エコラベル(タイプⅡ)」を付与しています。新製品はグリーン製品が100%となるよう設計しています。

グリーン製品提供までの流れのフロー

アドバンテストのエコラベル

アドバンテストグループのエコラベルは、独自にデザインしたもので、3つの緑色は「省エネ・省資源」「リサイクル設計」「有害物質の排除(グリーン調達)」を表現しています。

省エネ、省資源

製品の環境負荷の低減を推進するため、製品の省エネルギー、省部材、小型化を考慮した製品設計を行っています。
従来製品に対するエネルギーの削減率は、テスタと計測器で20%以上、ハンドラおよびナノテク製品等で10%以上を基準としています。
同様に部材および小型化の削減率は、全ての製品において10%以上を基準としています。

リサイクル設計

リサイクル設計においては、製品廃棄の際、処理に注意が必要な部位の情報提供を行い、自社で設計した樹脂部品には、リサイクル可能な素材を90%以上使用しています。また、解体は一般工具で容易に解体を可能にし、2次電池類はリサイクルマークのある電池を使用しています。

有害物質排除(グリーン調達)

製品から有害物質を排除するために、IEC 62474に基づいた禁止物質の社内基準を定め、製品に使用する部品、部材に含有する有害物質の調査を行っています。当社製品の一部は2017年7月よりRoHS指令の実行対象となっているため、対応体制を構築し、本調査結果を用いて対象有害物質の排除を行っています。
なお、当社製品は半導体の検査装置であり、製造製品ではないため、製品を通じたPFC等ガスの排出はありません。

2019年度認定の「グリーン製品」

2019年度は、以下の製品をグリーン製品として認定し、お客様に提供しています。

  • バーンイン・テスタ B6700DES
  • バーンイン・テスタ H5620
  • 温度・圧力ユニット HA7201
  • EB露光装置 F7500
  • Hadatomo WEL5200

2019年度グリーン製品削減率事例

新製品型名 従来比較製品 省エネ化率(%) 省部材化率(%) 小型化率(%)
B6700DES B6700ES 50 50 50
H5620 H5900 60 46 63
F7500 F7000S 80 80 84
WEL5200 WEL5100 68 92 85

注) 上記削減率は、性能換算を行った値となります。