ニュース ニュース

2017-09-12 07:26:00.0 CSR

この度、弊社群馬R&Dセンタ内ビオトープの広報ページ「ビオトープだより」の第6号を発行しました。
https://www.advantest.com/biotope-news/no.6

第6号のテーマは「蝶」です。蝶の幼虫の多くは特定の植物しか食べません。多くの種類の蝶が飛来するということは、それだけ多種多様な植物が生息することを意味します。本号では、当ビオトープで観察された20種の蝶を写真付きで紹介します。

アドバンテストのビオトープは、「失われつつある関東平野の原風景の再現」をコンセプトに、2001年に開設されました。総面積約17,000㎡の敷地には、環境省レッドリストの準絶滅危惧種を含む、多種多様な動植物が生息しています。
https://www.advantest.com/biotope

「ビオトープだより」は、四季折々の動植物や出来事を題材に、年4回の発行を予定しています。この機会に、ぜひご覧ください。

ミソハギに飛来するスジクロシロチョウ

ミソハギに飛来するスジクロシロチョウ

本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過またはさまざまな事象により予告無く変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。