CEOメッセージ

事業を通じてサステナブルな社会の実現に貢献し、新たな成長ステージへ

img_about_president_yoshida

2020年度の当社は過去最高の受注高と売上高、当期利益を記録し、また、2018年度から3年間の第1期中期経営計画でも、掲げた4つの業績指標すべてにおいて目標を大幅に上回る成果を残すことができました。幅広い製品ポートフォリオ、イノベーションをリードする優良顧客の強固な基盤、そして世界中の顧客に良質のサポートを提供するグローバル・ネットワークとチームワークにより、当社はシェアを拡大し半導体テスタ市場の伸び以上に売上を伸ばすことができました。また、この3年間に実施した2件のM&Aは、システム・レベル・テストという新たな市場の開拓につながり、当社の業績拡大に大きく貢献しました。

半導体は今や日常生活や社会課題の解決に不可欠なものとなり、半導体需要はこれからも伸び続けるでしょう。データ通信量の劇的な増加を背景に、より高い性能と信頼性、低い消費電力を実現するために半導体の高機能化、複雑化も進展し、半導体テストの役割はますます重要なものとなっていきます。

中長期経営方針「グランドデザイン」最終目標である売上高4000億円に向け、当社は2021年5月に発表した第2期中期経営計画において、当社の強みを生かした既存事業の拡大と新規事業育成の2つの軸を追求することとしています。一方で、感染症や自然災害、米中貿易摩擦などのリスクが台頭し、また気候変動や人権など社会のSDGsへの意識も大きく高まっています。環境の変化に柔軟に対応し稼ぐ力を備えた経営・執行体制とそれを支えるガバナンス、イノベーションの源泉である人財の開発・育成、サプライチェーン全体でのCO2排出量削減など、ESGのさらなる推進にも注力します。

当社が一段上の成長ステージに上るためには、当社の事業および当社そのものが、人々の生活向上や社会の発展にとってより必要とされるものにならねばなりません。自社の利益だけに目を向けるのではなく、ステークホルダーや社会、地球環境にも意識を向け、事業を通じてサステナブルな社会の実現に貢献することが、グランドデザインのゴールの達成および企業価値向上の近道でもあると私は考えています。皆さまには今後とも変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2021年7月
代表取締役 兼 執行役員社長