SSD試験装置

フレキシブルなソリューションにより、SSDの開発から量産までの立ち上げ期間を短縮

SSD市場は急成長とともにデータセンタ用、民生品用、産業用と多様化が進んでいます。マルチ・プロトコル・テストプラットフォーム「MPT3000」は、進化を続けるSSD製品の開発から信頼性保証、量産までの立ち上げ期間とテストコストの短縮を可能にします。

複数のプロトコルをサポートするMPT3000は、革新的なハードウェア・アーキテクチャにより、異なるSSD製品を複数個同時に最高のスループットでテストします。また、生産量に応じて拡張可能なテスタ構成と量産自動化をサポートしています。各種フォームファクタごとに交換可能なデバイス・インターフェースは、最高の品質で安定した測定を可能にします。

互換性を持つハードウェアと優れたソフトウェアによって、設計検証(DVT)、信頼性保証(RDT)、量産工程(HVM)、簡易テスト(HVM-SP)、車載温度規格(ARC)など進化を続けるSSDのさまざまなテストニーズに、短期間でフレキシブルに対応できます。

MPT3000は、マルチ・プロトコル・システム・レベル・テスト、スケーラブル構成、PCIe Gen 4 SSDなどにおいて高い評価をいただき、IDM、ファブレス、OSAT各社に広く採用されています。

製品紹介