製品への取り組み

私たちの事業活動が地球環境に与える影響を理解し、環境影響の緩和・低減に向けた活動を実践しています。ここでは私たちの環境保全に関わる取り組みをご紹介します。

グリーン製品

基本的な考え方

社会の持続可能な発展への貢献、地球環境に配慮した事業活動の展開は、今日の会社経営においては必須の事項となっています。アドバンテストグループでは高精度・高品質を第一に、環境保全という視点で製品開発に取り組み、「省エネルギー・省資源対策」「リサイクル性の向上」「有害物質の排除」の3つのポイントで環境に配慮した製品をグリーン製品と認定しています。グリーン製品においては環境負荷の低減と同時に経済的な価値の向上も見られるため、当社グループではグリーン製品の提供が社会的要求に応え、お客さまのメリットにもなるとの考えに基づき、取り組みを2005年から推進しています。

グリーン製品提供までの流れ

アドバンテストグループでは、すべての製品に対して製品環境アセスメントを実施しています。
製品環境アセスメントでは、省エネ・省部材・小型化、リサイクル設計、有害物質の排除などの項目について審査しています。
新製品の場合は、製品環境アセスメントに加えて、アドバンテストで定めた「グリーン製品自主基準」をクリアした製品に、グリーン製品認定品として「エコラベル(タイプⅡ)」を付与しています。新製品はグリーン製品が100%となるべく設計を行っています。

グリーン製品提供までの流れのフロー
開発された新製品はグリーン製品自主基準を基に環境アセスメントが行われ、判定に合格をするとエコラベルが付与されます。新製品開発は有害物質排除、リサイクル設計、省エネ、省部材、小型化といったグリーン設計基準が適用され、審査を行います。

アドバンテストのエコラベル

アドバンテストグループのエコラベルは、独自にデザインしたもので、3つの緑色は「省エネ・省資源」「リサイクル設計」「有害物質の排除(グリーン調達)」を表現しています。

グリーン製品に付与するエコラベル。 「省エネ・省資源」「リサイクル設計」「有害物質の排除(グリーン調達)」を表現し他アドバンテスト独自のデザインです。

省エネ、省資源

製品の環境負荷の低減を推進するため、製品の省エネルギー、省部材、小型化を考慮した製品設計を行っています。
従来製品に対するエネルギーの削減率は、テスタと計測器で20%以上、ハンドラおよびナノテク製品等で10%以上を基準としています。
同様に部材および小型化の削減率は、すべての製品において10%以上を基準としています。

注)上記削減率は、性能換算を行った値となります。

リサイクル設計

リサイクル設計においては、製品廃棄の際、処理に注意が必要な部位の情報提供を行い、自社で設計した樹脂部品には、リサイクル可能な素材を90%以上使用しています。また、解体は一般工具で容易に解体を可能にし、二次電池類はリサイクルマークのある電池を使用しています。

有害物質排除(グリーン調達)

製品から有害物質を排除するために、IEC62474に基づいた禁止物質の社内基準を定め、製品に使用する部品、部材に含有する有害物質の調査を行っています。当社製品の一部は2017年7月よりRoHS指令の実行対象となっているため、対応体制を構築し、本調査結果を用いて対象有害物質の排除を行っています。
なお、当社の主要製品は半導体の検査装置であり、製造製品ではないため、主要製品を通じたPFAS等のガスの排出はありません。

2023年度認定の「グリーン製品」

2023年度は、半導体テスト・システム、テスト・ハンドラ、電子計測・医療機器関連の計5製品をグリーン製品として認定し、お客様に提供しています。

製品リサイクル

アドバンテストでは、製品リサイクルを2022年1月から株式会社アドバンテストプリオウンドソリューションズを通じて行っています。ビジネス環境の変化に伴い、フィールドサポート(FS)本部と連携して市場に出荷された製品のサポートを中心に出荷された製品の使用されなくなるまでの様々なお客さまのご要求に応えています。
お客さまで必要のなくなった製品のご相談に対する1つのソリューションが、リサイクルです。現状、リサイクルは国内限定のソリューションですが、グローバル対応の要否等々の課題も視野にいれて活動していきます。

基本的な考え方

アドバンテストグループは、販売した装置のリユースとリサイクルに積極的に取り組み、リユースの見込みのない装置は有価買い取りし、再資源リサイクルとすることを基本方針としています。

リサイクルポリシー

  1. 1.
    手解体による回収率100%の実現
  2. 2.
    リサイクル再販売先の明確化とトレーサビリティの確保
  3. 3.
    お客様とともに地球環境保全を推進
  4. 4.
    有害物質の正しい処理の実施(有害物質:水銀リレー、イオン式煙センサ、内部冷却水、フロリナート)

脱プラスチックへの取り組み

アドバンテスト群馬工場では、15年以上前から、テスト・システムなどの当社製品を輸送する際に強化ダンボールで梱包し、脱プラスチック・廃棄物削減に貢献しています。さらに製品を載せるパレットも強化ダンボールを使用し、プラスチック類の低減を実現しています。

ダンボールは、当社取引先の段ボール会社の協力により適切なサイズで製作されているため、安全で無駄のない輸送に役立っています。また段ボールは、以前使用していた木材に比べ重さが半分程度であるため、製品輸送の際のCO2削減にも貢献でき、梱包だけでなく出荷先での開梱も簡単なことから、作業員の負担軽減にもつながっています。1つのダンボール梱包材が、1製品の輸送に1回のみ使用され、出荷先のルールに基づいてリサイクルされていきます。

2022年度実績

2022年度は半導体逼迫の市場環境下、お客さまの高稼働のため、リサイクル実績はありませんでした。

実際のリサイクルのフロー
廃棄されるテスターは手で解体され、分別された後に素材メーカーへ引き渡されます。

製品リサイクル・システム

アドバンテストの製品リサイクル・システムをご利用いただくことにより、使用済み製品の適正な処理、高いリサイクル率(90%以上)、適正なコストでのリサイクル処理が可能です。

1 お客さま アドバンテスト プリオウンド ソリューションズへお問合せ アドバンテスト プリオウンド ソリューションズがお客さまへご回答 2 アドバンテスト プリオウンド ソリューションズがお見積りお客さまへご提示 ご契約 3 アドバンテスト プリオウンド ソリューションズがお客さまのアドバンテスト製品を解体・運搬 修理・整備をして別のお客さまへ中古販売 もしくは、4 再資源化 中間処分業者から再資源化業者へ 5 再生素材を各種工業製品として再生

お客さまのメリット

  • 一般的な産業廃棄物処理と比べ、トータル処理コストの低減を図ることができます。
    (トータル処理コスト:工場からの解体搬出、回収運搬、リサイクル処理完了まで)
  • 当社が提供した製品の技術情報に基づき、リサイクル施設の専門スタッフが有価物や有害物質を含有する部材を解体、分離し適正に再資源化を行うことができます。
  • ご希望により、「リサイクル処理証明書」を作成いたします。

取り扱い対象となる使用済み製品

半導体試験装置
  • メモリ・テスト・システム
  • SoCテスト・システム
  • LCDドライバ・テスト・システム
  • アドバンスド・ミクスドシグナル・テスト・システム
  • イメージセンサ・テスト・システム
  • ダイナミック・テスト・ハンドラ
  • デバイス・インタフェース ほか
電子計測器
  • スペクトラム・アナライザ
  • ネットワーク・アナライザ
  • 光計測器
  • デジタルマルチメータ
  • デジタル・テレビ/ビデオ関連測定器 ほか
EB露光装置ほか
  • 電子ビーム露光装置
  • パターン測長機 ほか

お問い合わせ窓口

運用実務、見積もり、お客さまとの個別契約、リサイクル費用精算など

【株式会社アドバンテスト プリオウンド ソリューションズ】
(古物商許可:東京都公安委員会 第301011008681)

TEL
03-3214-7500

サプライチェーン排出量への取り組み

気候変動への対応は、個社の努力のみでは効果が限定的であり、サプライチェーンや業界団体を巻き込んだ活動が求められます。アドバンテストグループは、CO2排出削減目標の達成に向けて、サプライチェーンを通じた中長期的な環境負荷低減に積極的に取り組みます。

サプライチェーン全体における排出
サプライチェーン排出量=Scope1排出量+Scope2排出量+Scope3排出量
Co2排出は当社自身の活動だけでなく、当社の上流の工程や、出荷後の下流のプロセスも含まれます。上流には購入する物品・サービス、資本財、燃料・エネルギー関連活動、輸送・配送、事業から出る廃棄物、それらに関連する出張や通勤、リース資産からの排出が含まれます。下流には輸送・配送、販売した製品の使用、販売した製品の廃棄にともなう排出が含まれます。当社自身の活動はScope1+2、上流および下流の活動はScope3にカテゴライズされます。

サプライチェーン排出量削減活動を推進するためのタスクフォース

当社のサプライチェーン全体では、Scope3「カテゴリー1:購入した製品・ サービス」、「カテゴリー11:販売した製品の使用」におけるCO2排出量が多くを占めています。ESG行動計画 2021-2023内の環境目標において、Scope1+2のCO2排出量削減に加えて、カテゴリー1と11のCO2排出量削減を重点項目としています。重点項目の対策として2021年度よりこれらCO2削減活動を推進するためのタスクフォースを立ち上げました。Scope1+2,3のSBTi認定目標を達成するため、サプライチェーン全体でのCO2削減活動を加速しています。

(1)タスクフォース1:製品開発におけるCO2削減活動(Scope3 カテゴリー11)

ESG行動計画2021-2023
左右にスワイプ可能です
重点テーマ 目標 KPI 目標値 結果
2021 2022 2023 2030 2021 2022 2023 2030
バリューチェーン
(Scope3)
1テスト当たりのCO2換算排出量(原単位)を2030年までに50%削減する 原単位削減率(2018年度比) 原単位算出定義決定 20% 50% 原単位算出定義決定 原単位算出定義決定済 NA NA

タスクフォース1では、グローバルの開発部門と連携し、 低消費電力、高効率の次世代製品開発によるCO2排出の削減を推進します。具体的には主要製品の使用段階での1テスト(原単位)あたりのCO2排出量を2030年度までに50%削減することを目指します。当社のScope3「カテゴリー11: 販売した製品の使用」のCO2排出量は最も多く、バリューチェーン全体の65%を占めます。このCO2排出量を下げていくことは、当社のバリューチェーン全体でCO2排出量の削減に重要です。販売した製品の使用にともなうCO2排出量は、製品の売上高など市場の変動が大きく影響します。 そのため中長期的な事業計画と連動した原単位削減の目標設定、毎年の見直しを行い、製品を通じたCO2削減に貢献していきます。

(2)タスクフォース2:取引先との協働による取り組み(Scope3 カテゴリー1)

ESG行動計画2021-2023
左右にスワイプ可能です
重点テーマ 目標 KPI 目標値 結果
2021 2022 2023 2030 2021 2022 2023 2030
バリューチェーン
(Scope3)
部品調達先、生産委託先の再生可能エネルギー利用を推進する 再エネを導入したサプライヤーの数 10 20 40 TBD 12 22 NA NA

タスクフォース2では調達部門と連携し、サプライヤーの再生可能エネルギー利用促進によるCO2排出の削減を推進します。具体的には2023年度までに再生可能エネルギーを導入したサプライヤー数を40社にすることを目指します。当社は主要なサプライヤーを対象に「サプライチェーンCSR調査」を年1回実施しています。2021年度から再生可能エネルギーの導入状況および温室効果ガス排出量の実績調査を追加し、サプライヤーの気候変動への取り組みに対する調査を充実しました。本調査により、サプライヤーの再生可能エネルギーの導入状況を把握するとともに、調査結果の分析・評価に基づいた個別のフィードバックや気候変動基礎セミナーを開催しました。これらの活動を通じて、温室効果ガス排出量削減の必要性・重要性の理解を得ることにより、サプライヤーの再生可能エネルギー利用を促進し、サプライチェーン全体のCO2削減に貢献します。

(3)タスクフォース3:顧客との協働によるCO2削減活動

タスクフォース3では営業部門と連携し、顧客との協働によるCO2排出の削減を推進します。当社は主要な顧客を対象にアンケートを実施し、サプライヤーに対する要望や期待と、顧客が掲げる気候変動に対する方針・目標を調査しました。サプライヤーに対する要望や期待を踏まえて、当社が果たすべき役割や、当社の戦略に取り込むべき課題に落とし込み、ESG活動に反映していきます。また、顧客が掲げる気候変動に対する方針・目標を理解し、サプライチェーンの一員として、顧客との協働によるCO2削減に貢献します。

CO2排出量割合

(4)タスクフォース4:事業活動によるGHG排出量の削減(Scope1+2)

ESG行動計画2021-2023
左右にスワイプ可能です
重点テーマ 目標 KPI 目標値 結果
2021 2022 2023 2030 2021 2022 2023 2030
気候変動
(Scope1+2)
事業活動によるGHG排出量を2030年までに60%削減する(2018年度比) GHG排出量削減率 35% 38% 40% 60% 34% 46% NA NA
再生可能エネルギー導入率を全社で2030年までに70%とする 再生可能エネルギー導入率 50% 53% 55% 70% 54% 63% NA NA

タスクフォース4では省エネルギー設備、再生可能エネルギー導入などにより、アドバンテストグループの事業活動上で排出されるCO2排出量を2030年度までに60%削減 (2018年度比)すること、および再生可能エネルギー導入率を2030年度までに70%にすることを目指します。2022年度は新たに中国、台湾の拠点、および日本の本社、仙台研究所、アドバンテストコンポーネントにおいて、再生可能エネルギーの導入を開始しました。引き続き、事業活動によるGHG排出量削減および再生可能エネルギー導入促進により、自社の活動で発生するCO2削減に貢献します。

CO2排出量と削減率の推移(Scope1+2)
単位はt-CO2 2018年度 国内 19,681 海外 18,450 削減率0% 2019年度 国内 19,139 海外 14,714 削減率11% 2020年度 国内 16,255 海外 11,928 削減率26% 2021年度 国内 11,831 海外 13,213 削減率34% 2022年度 国内 11,040 海外 9,433 削減率 46%
再生可能エネルギー量と再生可能エネルギー導入率の推移
2018年度 海外 9,200MWh 導入率12% 2019年度 海外 23,072MWh 導入率28% 2020年度 国内 8,327MWh 海外 31,629MWh 導入率44% 2021年度 国内 16,859MWh 海外 33,994MWh 導入率54% 2022年度 国内 18,877MWh 海外 41,765MWh 導入率63%

国内拠点における気候変動への取り組み

2021年4月より群馬工場の電力を再エネ由来100%に切り替え

2021年より群馬工場では使用する電力量の100%を再生可能エネルギー由来の電力でまかなっています。この再生可能エネルギーは、群馬県が保有する水力発電所を電源とする、CO2フリーかつ地産地消の電力です。電気料金の環境付加価値分上乗分) は群馬県による未来創生に関わる取り組みに活用されます。

海外拠点における気候変動への取り組み

再生可能エネルギー活用100%の事業所

2012年よりAdvantest America, Inc.(AAI)では、再生可能エネルギーを導入しています。風力発電によるグリーン電力証書を購入し、事業所で使用する電力量の100%を再生可能エネルギーでまかなっています。またAAIは、2012年より米国環境保護庁(EPA)の「グリーン電力パートナーシップ」(EPAが推進する再生可能エネルギー購入の取り組み)に加盟し、継続してグリーン電力の普及拡大に貢献しています。

グリーン電力証書
(アメリカ)

2019年よりAdvantest Europe GmbH(AEG)では、再生可能エネルギーを導入しています。太陽光発電等による再生可能エネルギーを導入し、事業所で使用する電力量の100%を再生可能エネルギーでまかなっています。

グリーン電力証書
(ドイツ)

2022年よりAdvantest (China) Co., Ltd.(ATC)では、再生可能エネルギーを導入しています。太陽光発電によるグリーン電力証書を購入し、事業所で使用する電力量の100%を再生可能エネルギーでまかなっています。

グリーン電力証書
(中国)

資源循環

アドバンテストグループは、循環型社会を目指し、3R(Reduce:発生抑制、Reuse:再使用、Recycle:再資源化)を推進します。

廃棄物のリサイクル化への取り組み

アドバンテストグループでは、2009年度より継続している部品分別の取り組みを強化し、コンプライアンスを徹底したうえで、排出物の有価物化に努めています。

事業活動で排出される廃棄物(梱包材等含む)は、関連する法律または各地域の法令に従い、分類ごとに委託業者へ処分方法を明示したうえで適正に処理し、素材ごとにリサイクルしています。

廃棄物発生量/リサイクル率推移

集計範囲:アドバンテストグループ
2018年度 廃棄物発生量(国内+海外) 1,319t リサイクル率(国内) 63.8% リサイクル率(海外) 58.8% 2019年度 廃棄物発生量(国内+海外) 1,241t リサイクル率(国内) 61.1% リサイクル率(海外) 67.6% 2020年度 廃棄物発生量(国内+海外) 1,282t リサイクル率(国内) 63.1% リサイクル率(海外) 72.1% 2021年度 廃棄物発生量(国内+海外) 1,246t リサイクル率(国内) 64.1% リサイクル率(海外) 77.3% 2022年度 廃棄物発生量(国内+海外) 1,352t リサイクル率(国内) 87.7% リサイクル率(海外) 73.9%
  • 国内廃棄物発生量およびリサイクル量について有価物を含んだ重量で集計し、開示しています。
  • 廃棄物発生量のうち、リサイクル量に計上していた一部について、処理委託先への問い合わせを通じリサイクルされていないことが判明したことから、過去データにさかのぼってデータを再集計しています。
  • 海外のオフィス1拠点については、集計が困難なため2021年度より廃棄物発生量及びリサイクル量の集計対象から除外し、過去に遡って再集計しました。

製紙機導入で、新たな循環サイクルを実現

アドバンテストは、2020年より使用済の紙から新たな紙を再生する、製紙機を導入しています。この機械により、以前は外部で融解処分していた機密文書の大半を再生紙に生まれ変わらせ、再生紙から名刺を作成して社内で広く活用しています。
また、再生紙を使用してオリジナルのノートを作り、当社のビオトープ見学に訪れた地元の小学生たちや、会社見学に訪れた特別支援学校の生徒や先生たちにプレゼントするなど、再生紙の学習用途にも貢献しています。

機械の操作やノートの作成は、障がいを持つメンバーが担当しています。メンバーが社会人となってアドバンテストグループの一員として活躍することは、メンバー自身の母校への恩返しにもつながっています。アドバンテストは製紙機導入により、環境対策、障がい者雇用、教育支援など様々な面をとおして、新たな循環サイクルを実現しています。
障がい者雇用の詳細は、「ダイバーシティへの取り組み」 から参照ください。

再生紙を使用して作った
オリジナルノート
製紙機を操作する様子

廃プラスチックの適正廃棄とマテリアルリサイクル

日本国内の産業廃棄物の廃プラスチックは、100%マテリアルリサイクルを実施しています。群馬工場では、部材容器のトレー、マガジンが廃プラスチックとなって排出されます。従業員一人ひとりが、容器にあるリサイクル識別表示マークを確認し、塩化ビニル含有の分別廃棄を実施しています。これにより、通常の廃プラスチックは、高品位の固形燃料である「RPF」(Refuse Paper & Plastic Fuel)の主原料となります。
また、塩化ビニル含有廃プラスチックは、破砕・焼却後、溶融スラグとして路盤材等に使用されます。

PCB含有物の適正廃棄

PCB(ポリ塩化ビフェニル)を含有するコンデンサ3台、蛍光灯/安定機器を保有していましたが、2017年度内にすべてのPCB含有機器を適正に廃棄しました。

水資源の有効利用

アドバンテストにおける水資源の使用用途は、空調設備の運転や厨房用水、トイレ洗浄・飲料用水が大部分を占めています。主要事業所では、工業用水を有効利用しています。トイレの洗浄水の他、夏期の冷房効果を高めるため、屋上に設置したスプリンクラーによる散水に利用しています。また、一部の事業所では、上水をろ過し、超純水を使用しています。なお、当社排水量の約90%が生活系排水です。現時点で排水の再利用および雨水の利用は実施していません。

アドバンテストの開発、生産拠点は、群馬県、埼玉県に所在し、利根川から取水した水資源を利用しています。利根川の水資源を保全するため、源流となる群馬県の国有林で、森林保全活動を実施しています。

引き続き、従業員一人ひとりが節水に努めるのはもちろんのこと、水資源の有効利用に努めていきます。

用水使用量/排水量の推移

集計範囲:アドバンテストグループ
単位は㎥ 2018年度 用水使用量 280,325 排水量 161,355 2019年度 用水使用量 260,838 排水量 148,693 2020年度 用水使用量 250,271 排水量 142,585 2021年度 用水使用量 236,405 排水量 130,648 2022年度 用水使用量 242,129 排水量 112,769
ExcelPDF