気候変動の緩和 (地球温暖化防止)

ESG推進基本方針のもと、地球温暖化の抑制を企業の使命として、グリーン製品の提供や事業プロセスの革新により、温室効果ガスの排出削減に努めます。 また、TCFDに賛同し気候変動のリスクと機会の明確化と情報開示を積極的に進めていきます。

気候変動へのアプローチ

アドバンテストはThe Advantest Wayのもと、長期的な視点で「緩和策」と「適応策」の取り組みを継続し、重要な社会課題である気候変動に事業を通して貢献します。
TCFDに基づく気候変動関連の開示は、「ガバナンス」ページの「リスクマネジメント」から参照ください。

気候変動に関する国際的イニシアチブとアドバンテストの取り組み

左右にスワイプ可能です
機関名 アドバンテストの取り組み
TCFD
The Task Force on Climate-Related Financial Disclosures
IPCCの気温上昇シナリオに基づき、気候変動の影響による事業継続や新たな法規制などによる経営リスクと機会を分析し、TCFD提言に沿った情報の開示に取り組んでいます。
SBTi
Science-based Targets Initiative
パリ協定で採択された気温上昇抑制目標に対し、科学的な知見に基づくCO2削減目標を策定し、削減の実行に取り組んでいます。当社のGHG削減目標は、2021年11月にSBTiに認定されました。(Scope1,2:1.5°C、Scope3:2°C)
RE100
Renewable Energy 100%
事業運営およびサプライチェーンの上流下流で使用する電力を再生可能なエネルギーに移行する計画を策定し、取り組んでいます。
CDP
Carbon Disclosure Project
TCFD、SBTi、RE100など、気候変動リスクに関する取り組みについての積極的な情報開示に取り組んでいます。2020年よりランクアップし、2021年はA-ランクに格付けされました。そして、2022年2月には、「サプライヤー・エンゲージメント評価(SER)」において、最高評価である「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー」に選定されました。
IPCC
Intergovernmental Panel on Climate Change
IPCCは、世界気象機関および国連環境計画により設立された政府間組織です。世界中の科学者の協力のもと、定期的に報告書を作成し、気候変動に関する最新の科学的知見の評価を提供しています。アドバンテストも、IPCCによって発表された評価報告書を参考に、物理リスク、移行リスクの分析を行っています。
パリ協定(COP21) 2015年に採択された、「地球の平均気温上昇を産業革命前の水準に比べて2℃より十分低い水準に抑え、1.5℃に抑制する努力をすること」を目標に掲げた国際的な枠組み。

業界団体を通じた取り組み

気候変動イニシアティブ

気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative: JCI)は、1.5度目標の実現に向けて積極的に取り組みを進める日本の非政府アクターのネットワークです。
アドバンテストは、JCIが掲げる宣言「脱炭素化をめざす世界の最前線に日本から参加する」に賛同し、同イニシアティブに参加し、2050 年までの脱炭素化に向けた取り組みを進めています。
当社は、気候変動対策に自発的かつ積極的に取り組むとともに、気候変動対策に積極的に取り組む自治体、企業等と相互に支援することで、脱炭素化社会の実現に貢献していきます。

半導体気候関連コンソーシアム

半導体気候関連コンソーシアム(Semiconductor Climate Consortium: SCC)は、国際半導体製造装置材料協会(Semiconductor Equipment and Materials International: SEMI)が、半導体エコシステムからの温室効果ガス排出削減を加速するために設立したコンソーシアムです。
アドバンテストは、創設メンバーの一社としてSCCに参加し、メンバー企業と協働しながら、1.5℃目標達成に向けて気候変動対策を推進しています。

Semiconductor Climate Consortium Founding Member

環境マネジメント

アドバンテストは、サステナビリティ推進による自社と社会のサステナビリティ実現のために、「サステナビリティ行動計画2024-2026」を策定しています。環境に対する取り組みはサステナビリティ行動計画2024-2026の「地球環境」を中心に各ステークホルダーへの提供価値としてマネジメントします。具体的な目標、指標設定は気候変動対策の国際基準をベースとしています。そして、目標達成への実行のベースには、ISO14001のマネジメントプログラムを用います。その成果は、年に2回、サステナブル経営推進ワーキングへ報告し協議します。その後、サステナビリティ基本方針に則り、経営会議、取締役会へ報告し、アドバンテストのサステナビリティ戦略としての協議がなされます。

科学的根拠に基づく国際的提言については、「気候変動へのアプローチ」を参照ください。

サステナビリティ推進体制図 経営会議の下にサステナブル推進ワーキンググループを設置、統括リーダーはGroup CEO。 ワーキンググループの下に経営執行役員によるグローバルリードを設置。環境はCSO、 社会はCHO、ガバナンスはGroup COOがそれぞれ戦略を担います。目標達成への実行のベースには、ISO14001のマネジメントプログラムを用います。

ISO14001認証の取得

アドバンテストグループは、日本国内のオフィス・研究・開発・生産拠点で、統合ISO14001の認証を取得しています。海外拠点においては、各国の法規制に基づいた環境マネジメントシステムを構築し、ISO14001:2015の認証を取得しています。各国においてISO14001:2015という統一規格のもと、エネルギーの使用削減、廃棄物発生の抑制、グリーン製品の開発・提供等、事業活動に伴う環境負荷低減に向けた取り組みを推進しています。

ISO14001認証取得状況

2023年4月3日現在

左右にスワイプ可能です
会社名 (事業所) 初回認証取得年月
株式会社アドバンテスト 株式会社アドバンテスト(事業所内の関係会社を含む) 2000/8(統合認証)
本社 2009/11
仙台研究所 2000/2
群馬R&Dセンタ 2002/4
埼玉R&Dセンタ 2003/10
北九州R&Dセンタ 2003/3
群馬工場 1998/4
Advantest America, Inc. San Jose, U.S.A. 2008/10
Advantest Europe GmbH Munich, Germany 2008/4
Amerang, Germany 2008/4
Boeblingen, Germany 2008/4
Advantest (Singapore) Pte. Ltd. - 2008/6
Advantest (M) Sdn. Bhd. (Penang - Malaysia) - 2008/9
Advantest Korea Co., Ltd. - 2008/7
Advantest Taiwan Inc. - 2006/12
Advantest (China) Co., Ltd. Advantest (China) Co., Ltd.(下記関係会社を認証範囲に含む) 2008/5
Advantest (Suzhou) Co., Ltd. 2008/5
Advantest Technology (Shanghai) Co., Ltd. 2008/5
Bureau Veritas 認証書(写し)

(株)アドバンテストのISO14001認証範囲

2023年4月3日

左右にスワイプ可能です
適用規格 ISO14001:2015
認証番号 15841998
認証範囲 半導体・部品テストシステム及びメカトロニクス関連製品の研究・開発・設計・製造及びサービス
認証機関 ビューローベリタスサーティフィケーションホールディングSAS
初回認証日 2000年12月8日
(1998年4月21日群馬工場でISO14001:1996を認証取得)
統合認証日 2000年12月8日に現在のアドバンテストグループとして統合
対象事業所 群馬R&Dセンタ、本社、埼玉R&Dセンタ、群馬工場、北九州R&Dセンタ、仙台研究所(各事業所内の関係会社を含む)

内部監査の実施

アドバンテストグループでは、各事業所における環境マネジメントシステム運用について内外の法令遵守確認はもとより、環境負荷低減活動の定期的な内部環境監査を実施しています。2018年度からは、内部監査員の養成を社内で実施し、効率的な体制構築に努めています。定期内部監査における指摘事項については、すべての項目について是正措置が実施されており、環境マネジメントシステムの運用に対する重大な欠陥は認められませんでした。今後も環境パフォーマンスの向上に注力し、環境マネジメントシステムの継続的な改善に努めていきます。

環境方針

アドバンテストは、グループとして環境方針を掲げて環境保全ならびにサステナブルな社会の実現を目指しています。 ESG推進基本方針に伴い、環境重点課題の長期の目標設定とMTP2期間(2021、2022、2023)3ヵ年におけるKPIを明確にし、気候変動対策や脱炭素社会への貢献に向け、責任ある取り組みを推進しています。

ESG行動計画ならびに2022年度の実績については、それぞれ「マテリアリティとESG行動計画」「活動実績」を参照ください。

アドバンテストグループ環境方針

アドバンテストグループは、事業活動を通じ、社会の持続可能な発展に貢献します。
さらに、気候変動対策や生物多様性保全などの環境保護およびエネルギーや水資源などの持続可能な利用に努め、社会に信頼される企業として、全員参加で、以下の項目の環境保全活動に積極的に取り組みます。

  1. 1.
    環境マネジメントの推進
    環境マネジメントシステムを維持し、事業活動と環境効率を両立させたグローバルな環境保全活動を推進します。
  2. 2.
    お客様の環境負荷低減
    省エネルギー、リサイクル性向上、有害物質の排除を行い、製品の材料調達から廃棄までのライフサイクルを考慮の上、お客様の環境負荷低減に貢献するグリーン製品やサービスを提供します。
  3. 3.
    事業プロセスの革新
    事業活動におけるプロセスを革新し、環境に配慮したもの作りによる環境パフォーマンスの継続的改善を推進します。
  4. 4.
    環境保護と資源の持続可能な利用
    事業活動が環境に与える影響を把握し、気候変動対策や生物多様性保全などの環境保護およびエネルギーや水資源などの持続可能な利用に努めます。
  5. 5.
    環境関連法令の遵守、汚染防止
    環境関連法令および自ら定めた事項を遵守し、化学物質や廃棄物などによる環境汚染と健康被害を予防します。

環境教育(ESG教育)

従来、ISO14001の環境一般教育として実施していた内容を、2022年度にESG教育として一新しました。The Advantest Wayに定める「ESG推進によるサステナビリティ」を理解することを目的とし、環境だけでなくESG推進という大きな枠組みで取り組んでいます。

ESG教育の基本的な考え方

アドバンテストグループでは、サステナブルな世の中を実現するためには、従業員一人ひとりがESG課題を理解することが重要と考えています。以下の2つの視点でグローバルな啓発活動を推進しています。

  1. 1.
    従業員一人ひとりがESG課題を身近な問題であると意識できる
  2. 2.
    事業活動、家庭生活のなかで自分に何ができるのか、何をするべきかを考えられる

1に対しては環境教育としてだけでなくESG全般として学ぶこと、2に対しては社内SNS「My LIFE. ON.」による従業員一人ひとりの取り組みを共有する場を提供しています。

主な環境教育プログラム

当社はISO14001の規格を使って環境負荷低減の取り組みを推進しています。

プログラム名 教育内容
新入社員研修 新入社員へのアドバンテストのESGに対する考え方の啓発教育
ESG教育 The Advantest Wayに定める「ESG推進によるサステナビリティ」、およびアドバンテストグループの環境方針の理解などISO14001環境一般教育を含む
内部環境監査員教育 ISO14001の内部環境監査員の養成およびレベルアップ教育
化学物質管理 化学物質の取り扱いおよび安全管理についての教育
特定業務の力量教育 エネルギー管理、公害防止および廃棄物管理など、特定業務従事者に必要な力量の維持・向上の教育

ESG教育(e-learning)

アドバンテストグループでは、全従業員が、The Advantest Wayに定める「ESG推進によるサステナビリティ」および環境方針を理解することを目的に、ESG教育をグローバルで実施しています。
教育資料は動画で作成し、日本語または英語で視聴可能です。動画では、ESGの基礎やサステナビリティへの取り組みなどをアニメーションやナレーションを駆使して分かりやすく伝え、従業員が楽しく体験的にESGを理解できるようになっています。

ESG教育動画
左右にスワイプ可能です
環境 ISO14001の環境一般教育の側面ももち、アドバンテストグループ環境方針に基づき5つの項目の取り組み内容に触れています。かつSDGsや地球温暖化などに対する理解をとおし環境意識の啓発をしています。
社会 アドバンテストと様々なステークホルダの関係、またダイバーシティやサプライチェーン上の社会課題について説明しています。
ガバナンス リスク管理やコンプライアンス遵守などに触れ、企業としてESGに取り組むことが長期的な視点での企業価値向上につながることも説明しています。

動画の最後には学んだ内容に関する複数の問いを設け、従業員一人ひとりの理解度を確認しています。2022年度の受講率は84.3%でした。

2022年度 環境一般教育受講状況

左右にスワイプ可能です
対象者(名) 受講者(名) 受講率(%)
国内 2,767 2,567 92.8
海外 3,556 2,761 77.6
全体 6,323 5,328 84.3

その他のESG教育活動

インタラクティブ地球儀の活用

当社は、地球のデータをリアルタイムに映すインタラクティブ地球儀を購入し、研究開発拠点である群馬R&Dセンタに設置しています。地球の大気温変化や、過去/現在/未来の地球を学べるこのツールをとおし、地球規模の環境教育を推進しています。
詳細は「社会貢献活動の事例」の「次世代教育」から参照ください。

インタラクティブ地球儀

中国でのESG教育

当社の戦略の一つである「ESGのさらなる推進」に基づき、2022年度に中国では、企業におけるESGの展開と実践などを学ぶESG研修を実施しました。マネージャ向けの研修では、脱炭素に関する解決策を提供する企業の創業者兼CEOを招き「カーボンニュートラルにおけるESGの発展と実践」というテーマで活発な議論が交わされました。

ESG研修参加者

社内SNS「My LIFE. ON.」による、グローバルな啓発活動

アドバンテストは社内SNS「My LIFE. ON.」をグローバルで運営しています。このSNSは、従業員が人/環境/社会によい活動を投稿し、それを見た人が「いいね」やコメントを入れて活動を応援することで、楽しみながらSDGsに貢献できる場となっています。

グローバルで推進体制を構築

アドバンテストは、従業員の活動参加を推進する仕組みをグローバルで構築しています。世界主要8拠点のSDGs推進メンバーと共に、多くの従業員が地域での活動を紹介し共有する場として社内SNSを活用しています。

環境マネジメントの体制図。 取締役会が経営会議の報告に対して助言を行い、 経営会議がサステナブル経営推進WGの報告を承認します。 サステナブル経営推進WGとサステナビリティ推進室は双方に支援を行います。 サステナブル経営推進WGが各部門へ計画の落とし込みを行い、各部門はサステナブル経営推進WGへ報告を行います。

2022年度は、社会への還元をテーマに世界の各拠点で従業員が社会貢献活動を実施しました。日本では、オンライン投稿イベント「投稿しよう!今すぐできる社会貢献」を開催し、社内SNS「My LIFE. ON.」を有効に活用しました。
従業員や家族が、海岸清掃などの社会貢献活動を行って投稿したり、国内外の貢献活動を紹介するなかで、普段は接点がない他部署の人たちとのよい情報交換や交流につながりました。

投稿の一部(寄付)

シンガポールの従業員からは、3R(reduce, reused, recycle)に楽しく取り組んでいる投稿が多く寄せられました。国境を越えて気軽に情報交換ができるのは、SNSの強みです。

投稿の一部(蚊取り線香置きとして容器を再利用)

その他、中国の従業員が、医師になる夢を持つ少女を支援している投稿は、大きな反響を呼びました。その少女が成長し、病院のインターンとなって夢に近づいたという続編も投稿され、社内SNS「My LIFE. ON.」は、単なる情報共有の場を超えて大きな感動も与えるツールとなりました。

ExcelPDF