コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2020 Winner Companyを受賞

2021/01/19 トピックス

株式会社アドバンテスト(本社:東京都千代田区 社長:吉田 芳明)は、一般社団法人日本取締役協会が主催する「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー®2020」の「Winner Company」を受賞しました。
https://www.jacd.jp/news/cgoy/210107_2020-5.html

  • (写真左)吉田芳明 株式会社アドバンテスト代表取締役社長
    (写真右)宮内義彦 一般社団法人日本取締役協会会長

「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー」は、コーポレートガバナンス(企業統治)を充実させることにより経営の効率化を図り、中長期的に健全な成長を遂げている企業を後押しする目的で、2015年度より実施されています。今回の選定では、2018年~2020年を通じて社外取締役3 名以上を選任した東証一部上場企業を対象に、ROE、ROA、時価総額、株主構成、ガバナンスの組織形態、取締役会の多様性と独立性などが審査されました。

当社の選定理由について、審査委員の伊藤邦雄氏(一橋大学CFO教育研究センター長)は、「ガバナンスに対する取り組みが極めて真摯に実行されており、評価できる。取締役会では毎回3~4 時間、社外取締役も積極的に参加してフランクに活発な議論が行われている。取締役会の後押しで、はじめて中期計画で数字の目標値を定めることができたことに象徴されるように、経営トップも取締役会の価値を高く評価している。特に、同社が属する半導体製造装置業界は業績変動が大きいビジネスだが、同業界に特有のリスクや成長可能性を意識した資本コストの設定、それに基づく投資決定に工夫が凝らされている点が注目できる」と述べました。

今回の受賞について、当社代表取締役社長 吉田芳明は「この度は名誉ある賞を頂き大変光栄に思います。リーマンショック後、厳しい業績が続きましたが、コーポレートガバナンスコードの制定を機にガバナンスを強化してきました。社外取締役の後押しで、2018年4月に中長期経営方針であるグランドデザインと中期経営計画を発表し、全社一丸となって“稼ぐ力”を磨いてきました。当社グループで働く全員の努力の結果であり、皆で喜びを分かち合いたいと思います。今後も驕ることなく、当社の企業価値向上に努めてまいります。」と述べました。

当社は今回の受賞を糧に、持続的な発展と中長期的な企業価値の向上のため、引き続き公平、効率的、かつ透明性の高いガバナンス体制の構築に努めてまいります。なお、当社のコーポレートガバナンスの詳細につきましては、「統合報告書2020」をご参照ください。
https://www.advantest.com/ja/about/annual.html

*「コーポレート・ガバナンス・オブ・ザ・イヤー」は、日本取締役協会の登録商標です。

アドバンテストについて

アドバンテストは、計測技術をコアテクノロジーとするテスト・ソリューションカンパニーです。1954年の創業以来、エレクトロニクスの発展とともに成長し、人びとの暮らしの「安心・安全・心地よい」をサポートしてきました。主力製品となる半導体試験装置は世界最大手であり、当社の海外売上高比率は9割を超えています。アドバンテストは、「先端技術を先端で支える」という企業理念のもと、進展著しいデジタル社会のインフラストラクチャーである半導体の品質や信頼性の向上を通じて、社会の持続可能な発展に寄与しています。詳しくは当社ウェブサイト(www.advantest.com)をご参照ください。

※ 本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過またはさまざまな事象により予告無く変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。