ニュース ニュース

2019-02-18 04:38:00.0 Topics

中国、ベトナムに続き米国、EU、タイでも

株式会社アドバンテスト(本社:東京都千代田区 社長:吉田芳明)は、無線データロガー「AirLogger™」WM2000シリーズの海外対応をさらに拡大します。2019年1月発表の中国およびベトナム対応に続き、2月より米国、EU、タイにおいても利用できるようになりました。

「AirLogger™」は、小型の測定ユニットから、USB型のPC通信ユニットへ無線通信で測定データを送信し、パソコンに表示/保存する画期的なデータロガーです。従来困難であった、タイヤ等の回転体や動体の測定にも対応。既に自動車産業を始めとする各種産業の研究開発から生産に至るまでの現場で採用され、大小さまざまな空間や、遮蔽空間など、多様なフィールドで活躍しています。

配線作業の煩わしさからの解放に加え、複数ポイント同時測定、各種計測の同期モニタリングが可能なAirLogger™は、今後、海外のさまざまな国で作業効率向上に寄与していきます。

無線データロガー
AirLogger™ WM2000シリーズ
AirLogger™ 使用イメージ

製品の特長

無線データロガー「AirLogger™」WM2000シリーズ

「温度/電圧」「ひずみ」の2種類の測定ユニットで、「温度」「電圧」「ひずみ」の計測に対応。「温度/電圧測定ユニット」に電圧出力型の各種センサを取り付けることにより、「湿度」「照度」「圧力」「風速」なども計測可能。「温度/電圧測定ユニット」「ひずみ測定ユニット」から取得した異なるデータも、一つのPC通信ユニットで同時に受信でき、用途に合わせたフレキシブルな組み合わせの計測が可能。

製品についての詳しい情報は、弊社ウェブサイトをご覧ください。

本件に関するお問い合わせ先

新企画商品開発室

TEL: 0480-72-7028 メールアドレス: info_wm@advantest.com

本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過、または、さまざまな事象により予告無く変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。