ニュース ニュース

Jul 30, 2020 Topics

半導体試験装置最大手の株式会社アドバンテスト(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:吉田 芳明)およびソフトウェアベースの半導体市場向けデータ・アナリティクスソリューション最大手である米国PDF Solutions, Inc.(NASDAQ: PDFS、以下「PDF社」)は、両社が以下の事項について合意に達し、今後提携を行うことを発表します。

  1. PDF社によるアドバンテスト社内およびアドバンテスト顧客に向けた、PDF社のソフトウェアアナリティクスプラットフォーム「Exensio」をベースとしたソフトウェア・プラットフォーム(「Advantest Cloud」)の開発支援。
  2. アドバンテストのテストプラットフォームとPDF社のExensioプラットフォームをベースとしたテクノロジーソリューション共同開発と共同販売。
  3. 5年間のExensioプラットフォームソフトウェア使用ライセンス。
  4. アドバンテストによるPDF社普通株式 3,306,924株(約65百万米ドル)の取得

PDF社のクラウドベースのビッグデータ解析プラットフォームであるExensioは、ICデザインからウエハ製造、ウエハテスト、組立、ファイナルテスト、システムレベルテストまで半導体バリューチェーンの全ての領域をカバーしており、上市期間の短縮や歩留まり、収益性、信頼性、品質の最大化に向けて、130社超の2万名以上のエンジニアが数万もの製造装置の制御に利用しています。半導体市場がより高性能なデバイスを追求する中で、AIと機械学習技術を用いたPDF社のソフトウェア・プラットフォームによるビッグデータ解析は、微細なプロセスノードにおける歩留まり改善や、デバイス品質の保証、テストや計測コストの削減に不可欠なものとなっています。より重要なことに、半導体の製造、試験、組立が水平分業化される中で、PDF社のExensioプラットフォームとデータ接続基盤Data Exchange Network (DEX)は半導体サプライチェーンをつなぐ形で半導体エンジニアと半導体試験装置とを結び付け、設計と製造に対する重要な洞察をもたらし、テストコストの削減と性能・歩留まりの改善に役立っています。

PDF社のExensioプラットフォームとDEXをアドバンテストの高性能な試験装置に組み合わせることで、アドバンテストは顧客に対し半導体バリューチェーンのいかなるポイントにおいても接続、テスト、計測、解析可能な環境を提供できるようになり、顧客の歩留まりとテストコスト改善に貢献できます。PDF社との提携は、アドバンテストの試験・計測ソリューションを半導体バリューチェーン全体に拡大するというコミットメントを体現するものであり、またアドバンテストの中長期経営方針「グランドデザイン」の達成に向けて重要なマイルストーンとなるものです。PDF社はExensioプラットフォームが半導体バリューチェーンすべての半導体製造装置と接続されることの重要性を認識しており、前工程企業、後工程企業を問わず、全ての半導体製造装置メーカーとの関係を維持し、協業していきます。

「今回の提携によって、進化する半導体バリューチェーンでの顧客価値創出が可能となり、当社の多様なお客様に対してより強力なソリューションの提供ができるようになります」と、アドバンテスト代表取締役兼執行役員社長の吉田芳明は述べています。「生産規模の拡大や、テストコスト削減の困難さは、業界全体を生産性向上のためにデータ・アナリティクスへとシフトさせています。PDF社と提携することで、設計工程からシステムレベルテストまで、お客様の製造効率や経済性を向上させるための魅力的な技術ソリューションを提供することができます。重要なことは、今回のPDF社との提携は、当社のお客様に対し貴重なAIベースのテスト解析ソリューションを想定より数年前倒しで提供することになることです。PDF社もアドバンテストも、共通の顧客を世界中に有しています。両社はすでに大手IDMにおいてPDF社の技術を組み込んだ当社装置の評価ですでに協業をスタートしています。」

PDF社の社長兼CEOであり、共同創業者でもあるJohn Kibarianはこう述べています。「PDFは、ExensioをベースとしたAdvantest Cloudの開発においてアドバンテストと協業できることを大変嬉しく思っています。ファブレス、ファウンドリ、OSAT企業、システム組立企業が連携して高度な解析ソリューションを活用することで、彼らの操業度、歩留まり、製品品質を改善できる、という点において両社の見解は一致しています。アドバンテストが業界をリードするExensioをベースとする先端解析ソリューションを開発することを決めたことは、より大きな連携効果を半導体サプライチェーン全体にもたらします。アドバンテストの技術力、顧客との関係、グローバルな事業基盤を活用することで、PDFは技術ロードマップを加速させ、AIを活用したデータ解析ソリューションの導入を促進することが可能になります。また今回のパートナーシップの一環として、アドバンテストはAdvantest Cloudを運用するための5年間のExensioの利用契約をPDFと締結しました。予定した今年中にExensioをベースとしたAdvantest Cloudの開発が完了すれば、今後5年間で5,000万ドル以上の売上をPDFにもたらす可能性があります。さらに、アドバンテストのグローバルな顧客基盤に対するアドバンテストとPDFの共同ソリューションの売上も将来の追加的な収益機会になると考えています。」

PDF社との提携は2020年7月30日から有効となります。アドバンテストの財務アドバイザーは GCA Advisors, LLC、法務アドバイザーは Skadden, Arps, Slate Meagher & Flom LLP が務めました。PDFS社の法務アドバイザーはOrrick, Herrington & Sutcliffe LLPが務めました。

本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過、または、さまざまな事象により予告無く変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。