ステークホルダーエンゲージメント

img_sustainability_logo

以下のようなステークホルダーとのコミュニケーションを実施しています。

主なステークホルダー 主なコミュニケーション手段
株主・投資家 株主総会、事業報告書・中間報告書
決算短信、有価証券報告書・四半期報告書
コーポレート・ガバナンスに関する報告書
サスティナビリティレポートによる情報発信
各四半期決算発表当日に機関投資家/アナリスト向けに決算説明会を開催
国内外の機関投資家との個別ミーティング
国内外の大株主との個別ミーティング
お客様 CSRアンケート
ユーザーグループ会議(VOICE)
展示会(セミコン等)
お取引先様 CSRアンケート
新春懇談会
親睦会総会
QCD協力会フォーラム
従業員 労使交渉

株主・投資家との対話

株主総会

2020年6月に開催した第78回定時株主総会は、昨年までの株主総会とは異なり、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、株主の皆様およびそのご家族の安全、安心を最優先事項といたしました。株主の皆様にはマスクの着用をお願いし、入り口で検温を実施しました。会場も昨年とは異なり、座席の前後左右に十分な空間を確保できるような大きなホールで開催しました。
このような状況でありましても、株主総会は株主の皆様との重要な対話のための機会でもございます。ご来場の見合わせをお願いする一方で、お越しいただいた株主の皆様への入場制限は行わず、株主の皆様からのご質問には、わかりやすく丁寧に答えることで、当社の企業価値向上に向けた取り組みに対するご理解をいただけるよう努めました。

本株主総会では、以下の議案を上程し、すべて承認可決されました。また、本株主総会では新型コロナウイルス影響下における今期の売上などについて2名の株主様からご質問やご意見をいただき、議長より回答いたしました。

  • 第1号議案 取締役(監査等委員である取締役を除く。)8名選任の件

    吉田芳明、唐津治夢、占部利充、ニコラス ベネシュ、塚越聡一、藤田敦司、津久井幸一、ダグラス ラフィーバの各氏が監査等委員でない取締役に選任され、それぞれ就任いたしました。なお、唐津治夢、占部利充、ニコラス ベネシュの各氏は社外取締役であります。

  • 第2号議案 監査等委員である取締役1名選任の件

    住田清芽氏が新たに監査等委員である取締役に選任され、就任いたしました。なお、住田清芽氏は社外取締役であります。

  • 株主総会の様子

IR活動

株主・投資家の皆様に対して説明責任を果たすとともにいっそうの信頼や評価を寄せていただけるよう、当社では情報開示・IR活動・株主との対話に関わる活動方針をまとめた「IR基本方針」を定めています。この方針に則り、代表取締役兼執行役員社長(CEO)を最高責任者とした株主・投資家の皆様とのコミュニケーションを推進しています。
具体的には、国内外の株主・投資家の皆様に適時公正かつ適切な方法で重要情報の開示を行なうほか、毎四半期ごとに経営トップをスピーカーとした決算説明会を開催しています。さらに国内外機関投資家との個別ミーティング(2019年度は約500件)や事業/技術説明会の開催を通じ、当社と関わりの深い半導体技術の変化や事業動向を株式市場へ機動的に伝達するよう心がけています。また、当社ウェブサイト上における情報開示の充実にも努めています。
これら株主・投資家の皆様とのコミュニケーションを通じていただいた有用なご意見等については、取締役会で共有を図るとともに、当社の持続的成長と中長期的な企業価値向上のため活用しています。

  • 2019年12月に開催した、機関投資家・
    証券アナリスト向け技術説明会の模様

お取引先様との対話

アドバンテストでは、お取引先様との良好な関係構築のために、新春懇談会やQCDフォーラムを開催し、当社事業に貢献されたお取引先様を表彰するとともに、当社社長および役員との意見交換の場としています。

  • 新春懇談会の様子

従業員との対話

社長からのメッセージ発信、対話の場として、毎月の各事業所で開催している朝礼および全体集会、毎年1月の年頭挨拶、毎年2月から開始の春季労働条件交渉、毎年7月に開催する創立記念式典、毎年9月に開催の中央労使協議会および懇親会などで従業員とのコミュニケーションが図られています。