労働安全衛生

img_sustainability_logo

アドバンテストグループ労働安全衛生基本方針

アドバンテストグループは、すべての事業活動において、安全衛生管理が重要課題の一つであることを認識し、この基本方針に基づき積極的かつ継続的に安全衛生活動に取り組みます。

  • 1. 安全衛生の最優先
    製品開発、設計、製造、カスタマサービス、その他すべての事業活動の遂行にあたり、安全確保と健康保持を最優先します。
  • 2. 法令遵守
    事業活動を行う国、地域の労働安全衛生に関する法令、およびグループ内で制定した安全衛生のルールを遵守します。
  • 3. 継続的な安全衛生活動の推進
    各事業所での安全確保、および安全衛生水準の向上のため、事業所毎の特性に応じた年間活動計画を作成し、グループ全体で安全衛生活動を実施します。
  • 4. 教育・訓練
    労働災害事故の撲滅を目指し、安全衛生の確保に必要となる教育・訓練を実施します。
  • 5. 労働安全衛生情報の開示
    この基本方針や労働安全衛生に関する情報を当社グループの全員に周知し、意識の向上を図ります。また、社外にも必要な情報を開示します。

サスティナビリティ目標「労働安全衛生」へのアプローチ

アドバンテストは、事業活動を遂行するにあたり、従業員の安全確保と健康保持は大前提であり、常に意識の向上を図る必要があると認識しています。

担当部署 総務部
KPI 労働災害発生率(度数率)
2019年度目標 0
2019年度実績 0.2
バウンダリー アドバンテストグループ
関連する方針 アドバンテストグループ労働安全衛生基本方針
関連するコミットメント 自主目標である「重症災害ゼロ活動」の継続
責任部署・部門 活動は各拠点で行い、安全衛生委員会はその推進を担う
関連する苦情処理制度 安全衛生委員会の運営、健康管理室の設置
評価

推進体制

アドバンテストでは、グループ全体の安全衛生に関する方針・施策を決定する「全社安全衛生委員会」を毎年開催しています。ここで決定される重点活動テーマを基に各事業所の安全衛生委員会で年間目標や計画を策定し、安全衛生活動に取り組んでいます。
また、各事業所の安全衛生委員会事務局との横断的な連絡会を定期的に開催、活動状況などの情報共有により、各事業所の安全衛生活動の強化を図っています。
全社安全衛生委員会のメンバーは、各事業所の安全衛生委員会の委員長である役員や関係会社の社長で構成しています。また、各事業所安全衛生委員会のメンバーは、その事業所勤務者の会社側・組合側、双方同数の代表者で構成しています。

労働安全管理体制(国内)

労働安全衛生活動の推進

2019年度

2019年度は、2018年度から継続してポスターを掲示し、作業前ミーティングによる安全啓発を推進した結果、労働災害を低減できました。さらに海外関係会社の安全衛生担当者が一堂に会したミーティングを開催し、各社の取り組みなどの情報共有を図りました。

2020年度

2020年度は、事故事例のポスター化などの安全啓発を継続して実施します。また、2019年度の海外関係会社との情報共有をさらに向上させる施策として、各社の労働災害情報の共有を目指します。

国内労働災害発生率(度数率*)

*100万のべ実労働時間当たりの労働災害による死傷者数
*集計範囲:アドバンテスト単体
*2019年度よりデータに派遣社員を含みます。

※2019年度数値は、KPMGあずさサステナビリティ株式会社による第三者保証を受けています。

過去5年間の業務上の死亡者はいません。
また、国内、海外関係会社を含めた2019年度の労働災害発生率(度数率) は0.2となりました。

※ 2019年度数値は、KPMGあずさサステナビリティ株式会社による第三者保証を受けています。

労働安全衛生教育

アドバンテストグループでは、労働安全衛生教育を定期的に実施し、労働災害の未然防止と安全衛生意識の向上により、安心で安全な職場づくりに努めています。社内独自の安全衛生教育の一部では、e-learning形式を採用しています。より多くの従業員の受講を目指しています。

2019年度安全衛生教育実績

教育カテゴリ 対象者 受講者数(延べ人数) 教育時間
一般教育 管理職・一般社員 5,078名 2,584H
専門教育 管理職・一般社員 1,353名 3,048H

健康経営推進

アドバンテストは、これまで生活習慣病予防対策や、メンタルヘルス対策、禁煙対策など、社員の皆さんの健康維持・増進に取り組んできましたが、これを一層推進するために、「健康経営」の導入を決め、2019年9月に「健康宣言」を制定しました。

健康宣言を制定して以来、会社、健康保険組合、労働組合が一体となり、健康診断の受診勧奨、特定保健指導実施率向上、健康ポータルサイト導入などに取り組むと同時に、オンラインダイエット・禁煙プログラムや、ヨガや健康運動セミナーなど社員の健康に直接働きかける活動を積み重ねてきました。この結果、経済産業省が推進し、日本健康会議が主催する「健康経営優良法人2020」において、大規模法人部門の健康経営優良法人に認定されました。

健康宣言

アドバンテストの経営理念実現のために、社員一人ひとりが心身とも健康に働くことができる職場作りに取り組み、企業市民としてサステイナブルな社会の発展に貢献することを宣言します。

健康宣言に基づき、以下の3つの視点から健康経営に取り組んでいます。

推進体制

メンタルヘルス

アドバンテストでは、元気な職場をつくるのは元気な社員という考えの下、健康管理室を中心に、「こころ」と「からだ」の両面から社員の健康管理をサポートし、安全に気持ちよく働けるよう、職場環境を整備しています。メンタルヘルスの活動では主軸を「予防」とし、ストレスチェックを法制度化される前の2012年度から導入しています。ストレスを定量化(見える化)することで、社員一人ひとりにストレスへの気づきを促し、セルフケアに役立てています。

2019年度のストレスチェックでは89.4% の回答があり、その結果ストレスが高かった個人の10%にこころの健康相談を案内し、うち8%の来談がありました。また、セルフケアの強化を図るためのセミナーも開催しています。

組織分析結果でストレス度の高い職場は2018年度の12%から4.5%に減少しました。2018年度は全管理職を対象に職場環境改善のための研修を開催しましたが、2019年度は、対象をストレス度の高い職場の管理職にしぼり、より実践的な研修(98%の出席率)で職場環境改善に取り組みました。継続的なフォローアップでストレス度改善を目指し、メンタルヘルス不調者の発症しにくい職場の形成に努めています。

また多様なストレスの中、心の健康を悪くすることがあっても、安心して休業・職場復帰できるよう、職場復帰支援として近況レポートから産業医面談を経ての復職プラン策定、また、復帰後のフォロー面談まで8段階のプロセスを設け、これを実行することで、本人にも職場にも過度なストレスがかからないよう対策しています。

健康相談

アドバンテストの健康管理室では、産業医、臨床心理士、保健師、看護師、産業カウンセラーが、身体的なこと、精神的なこと、さまざまな悩み事の相談に応じています。電話やメール、イントラネットから相談を申し込めるので、気軽に利用できます。2019年度は、のべ人数で971件の相談がありました。

健康診断と健康指導

アドバンテストでは社員の健康保持・増進のために、会社で実施する定期健康診断のほかに、健康保険組合からの補助金を利用して人間ドックも受けられます。国内外ともに年1~2回の健康診断を提供しており、受診率は90%以上です。国内勤務者では、2018年度から健診受診率100%を達成しています。

2019年度は所見のあった70%の社員のうち96%の社員に対し、主に生活習慣病の改善を目的とした保健指導、メール支援、スタッフ、産業医面談などを行いました。さらにその一環として、昼休みヨガ体験レッスンや健康運動指導士を招いた運動セミナーの開催など、運動習慣の定着化を目指した企画をすすめています。また、脳・心疾患の既往がある社員には健診結果にかかわらず面談し、就業制限をかけて安全を配慮しています。

※ 健康指導実施の比率は、2020/5/13現在の値です。