ニュース ニュース

Oct 8, 2019 Topics

株式会社アドバンテスト(本社:東京都千代田区 社長:吉田 芳明)は、2020年5月に開催予定の開発者会議「VOICE 2020」で発表される、半導体テスト技術に関する論文を募集いたします。

「VOICE」は、SoC(System-on-Chip)およびメモリ・デバイスのテスト・ソリューション、ハンドラ・ソリューション、テスト・セル・ソリューションをはじめ、デバイス・テストに関する最新技術や注目の話題を紹介する開発者会議です。業界を代表する半導体メーカー、ファウンドリー、ファブレス企業およびテスト受託会社(OSAT)が一堂に会し、技術プレゼン、基調講演、パートナー企業の展示、技術キオスクなどを通じて、最新の技術やアイデアを討議し、優れた事例を共有します。また、業界の関係者とのネットワークを築く絶好の機会でもあります。

「VOICE 2020」の実行委員長であるAMD社 製品開発エンジニアのAdam Styblinski氏は「『VOICE』では、パートナーの皆様が直面している新しい技術的課題を扱います。日々の仕事にすぐに活用できる知識を得られるのが、『VOICE』の優れた点の一つです。」と述べています。

2020年の「VOICE」は、「Your Voice. Your Vision. Our Value.」をテーマに、5月12日~13日にアメリカのアリゾナ州スコッツデールで、5月22日に中国上海での開催を予定しています。また、5月14日にワークショップ・デーを開催し、5G/ミリ波、SmarTest 8 ソフトウエア、パワー/アナログ・デバイス・テスト・ソリューションについてご紹介する予定です。ワークショップに関する詳しい情報はhttps://voice.advantest.com/workshop-day/をご覧ください。

論文投稿について

「VOICE 2020」では、以下の7つのテーマについて英文での論文を募集します。
アブストラクトの締め切りは、2019年11月4日(月)です。

  • デバイス・テストおよびシステム・レベル・テスト
    MIMOデバイス、次世代組み込みプロセッサ、家庭用ブロードバンド・ファイバー、自律走行車向けデバイス、マルチ・チップ・システム・パッケージなどの試験手法
  • 5G/ミリ波(新テーマ)
    5G、WiGig、RFなどの通信技術および「5G: Made Real by Our Customers. Made Possible by Advantest.」という当社テーマに沿う題材
  • パラメトリック・テスト(新テーマ)
    パラメトリック・テストやWLRといった最新のテスト技術や、COT(Cost of Test)削減、スループット向上、スマート工場、プラットフォームの互換技術などの試験手法
  • テスト手法
    さまざまな標準規格やプロトコルへの対応、最新のテスト課題に対するソリューション、COT(Cost of Test)削減、スループット向上、TTM(Time to Market)改善
  • ハードウエアとソフトウエアの開発とインテグレーション
    最新のハードウエア、ソフトウエア機能を活用したソリューション、テスト・セル、テスト・システムの拡張など
  • テスト・システム「T2000」
    パワー半導体、イメージセンサ、マイクロコントローラといった車載デバイスに対するソリューション、多数同時並列測定技術、SiP向けシステム・レベル・テスト、タッチセンサや指紋センサ向けディスプレイ・ドライバ・テスト・システム「T6391」など
  • 注目の話題
    市場の成長ドライバとトレンド、AI、機械学習、ビッグデータ解析、セキュアIDとサイバーセキュリティ、セキュアクラウド、ビデオストリーミング / テレプレゼンス、IoT(ウェアラブル端末、センサ、スマートシティ、スマートホーム)など

選考結果は2019年12月中にご連絡の予定です。発表はスコッツデール会場、上海会場のいずれか、または両方を選択できます。アブストラクトは英語で記載頂きますが、上海会場での発表は中国語で行われますのでご注意ください。「VOICE」当日は聴講者による投票が行われ、最優秀論文は表彰されます。

より詳しい情報につきましては、https://voice.advantest.comをご参照ください。
ご質問やスポンサーシップに関するお問い合わせは、mktgcomms@advantest.com までお送りください。

本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過、または、さまざまな事象により予告無く変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。