知的財産の保護

img_sustainability_logo

サスティナビリティ目標「知的財産保護」へのアプローチ

アドバンテストは最先端の技術力を強みとしています。そのため、自社の知的財産は競争力の源泉であり、これを適切に保護・管理することを目的とした知的財産に関する定期教育を社員に実施することは、企業存続のために重要であると考えています。

担当部署 知的財産部
KPI 知的財産に関する定期教育のe-learning受講者割合
2019年度目標 前年度水準を維持
2019年度実績 100%
バウンダリー アドバンテストグループ
関連する方針 IP Management Policy および関連する各種規約
関連するコミットメント
責任部署・部門 知的財産部
関連する苦情処理制度
評価

基本的な考え方

アドバンテストは、知的財産権に関する法令の遵守と、第三者の知的財産権の尊重を、知的財産管理の基本方針としています。

知的財産管理体制

アドバンテストは、以下のグローバル知財組織を整備し、グローバルベースで適切な知的財産管理を遂行しています。
IP戦略委員は事業リーダによって選ばれ、事業戦略と連動した特許出願戦略を策定します。
知財担当は定期的に各IP戦略委員と打合せ、事業と連携した知財活動をすすめています。

知的財産管理体制

知的財産に関する社員教育

アドバンテストでは、社員一人ひとりの知的財産に対する意識を高めるため、毎年、内容を見直し、技術系新入社員研修とグループ全社員へのe-learningを行っています。

知的財産に関わる係争、訴訟の状況

2020年3月31日現在、該当する案件はありません。